互換インクと純正インクの違いって?

admin, 26.11.2014

昔に比べてプリンターの値段はどんどん下がっており、パソコンと同時購入だと数千円程度で手に入れることが出来るようになりました。機能も充実しており、パソコンがなくてもスマートフォンなどと連動して無線でデータを飛ばして印刷といった事も可能になっています。

そんなプリンターですが、今も昔も変わらないのがインクの問題です。消耗品であるインクですが、純正品は非常にコストが高く、場合によっては購入した本体よりも値段が高いという変な事態にもなってしまいます。

そこで利用している人が多いのが互換インクですね。汎用インクと呼ばれたりもしますがメーカー純正品ではないものの、対応している機種のプリンターに使用することが可能なインクのことです。もちろん品質自体は、純正のもののほうがはるかに優れています。長期間劣化しませんし日焼けなどに対する耐久性も抜群です。

その分、巨額のコストがかかっていますので値段に反映されているのですが、互換インクも品質が悪いわけではありません。ぱっと見印刷したものを比べてみても違いは分かりませんし、よほど大事な印刷物でない限りは問題になるような違いもないでしょう。

プリンタとの相性さえ気を付けておけば、値段が純正の10分の1程度のものもある互換性インクでも問題なく使用することが出来ます。

Komentarze (0) Więcej